';

ナイジェリアトレーディングフォーラムでの商談

ホテルニューオータニでナイジェリアトレーディングフォーラムが開催され、ナイジェリア大使館より弊社のグループカンパニーである4 Stonesとしてご招待して頂きましたので参加してきました。

今回は、ナイジェリア国内から商工会議所のトップ、各州知事、企業のトップが参加し、日本と以下にしてビジネスを進めるか、参加日本企業と熱い議論が交わされました。
夜は、田園調布のナイジェリア大使宅でより深く参加者と交流することができました。
私も役員を務める4 Stonesは既に、ナイジェリア国内のラゴス、アブジャの2都市に事務所を開設し、日本製品の輸出入ビジネスを進めています。

SHCの展開は勿論ですが、仮想通貨の技術だけでは無く、実ビジネスも並行で拡大を進めています。
ナイジェリアを初めアフリカのパワーは物凄いものがありまうす。
我々はナイジェリアだけでなく、エチオピア、ガーナ、ルアンダへの進出を進めています。エチオピアなんて平均年齢18歳です。これから経済成長する未来しかありません。
我々のShake Hands Contract(SHC)はとにかく一日でも早く実ビジネスで使えるブロックチェーンサービスを目指しています。9月にはサービスローンチ予定ですので、このプラットフォームを使った貿易ビジネスが日本とアフリカの距離を縮めることができると信じています。
ちなみに、ナイジェリアはBTCトランザクション量で中国に続く世界第二位の国となっています。
そのくらいアフリカでも仮想通貨の普及は進んでいます。

私、先進国内で仮想通貨がすぐに普及するとは思っていません。例えば、日本では仮想通貨よりも便利な決裁手段がいくらでもあるわけですから、わざわざ仮想通貨を使う必要が無いわけです。
しかし、発展途上国では違います。
ビジネスをする上で必須のインフラになり得ます。
発展途上国で実インフラとして普及し、先進国に逆輸入されてくると思っています。我々をそれを信じて開発を普及を進めていきます。

【お問い合わせ先】
〒105-0014 東京都港区芝3-6-10 芝NAビル4階
株式会社STANDAGE(スタンデージ)
代表取締役社長/CEO:足立彰紀(あだちあきのり)
取締役副社長/COO:大森健太(おおもりけんた)
広報担当E-mail:info@standage.org

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • LinkedIN
Share
Tagged in
Leave a reply

CAPTCHA