01.ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンとは、仮想通貨が最初に生まれた時から、現在に至るまでの全ての取引が記録されたデータベース(分散型台帳)のことです。
一定時間分の資金の取引記録をまとめた“ブロック”が、“チェーン”のように繋がって記録されています。
これは名前の由来にもなっていますね。

例えば、銀行の通帳を想像してみてください。紙の通帳でもWEBの通帳でも構いません。
お金が振り込まれたり、引き出したり、他社に送金したりといった、お金が取引された情報が記録されていますよね。
これは銀行という管理者のもと、お金や取引記録が管理されています。(中央集権型といいます。)

ブロックチェーンは、上記の銀行のような管理者がおらず、お金のやり取りを行うみんなで、分散して(分散型)データ(台帳)を管理しよう!という仕組みです。(非中央集権型といいます。)

【ブロックチェーンの特徴】
① 非中央集権型のため、管理者が不要
② データの改ざんが不可能
③ 誰でも見ることができ、透明性が高い