05.ウォレットって?

暗号資産における、“ウォレット”とは、過去の取引履歴を全て保存してある金庫のようなものです。
直訳すると“財布“なので、私たちが普段使っている財布をイメージされる方が多いと思います。
しかし、財布のように“暗号資産”そのものが入っているわけではありません。

ウォレットには、アドレス(口座番号のようなもの)が紐づいています。
このアドレスは、ウォレットを元に生成され、暗号資産を送ってもらう際に必要なものになります。
この紐づいているアドレスを使って取引した全ての記録を保管することによって、そのウォレットに紐づいているアドレスの残高が見ることができる、という仕組みです。

また、このアドレスには“秘密鍵”(暗証番号のようなもの)と“公開鍵”が紐づいており、実際に取引を実行する際に、必要なものになります。
(この二つに関しては、次の章で詳しく説明しますね。)

【ウォレットの種類】
①ホットウォレット
・インターネットに接続されたオンラインのウォレット。
・ハッキングのリスクが高い。
・ネットが繋がればいつでも利用できる。
 ⇒ウェブウォレット(クラウド上で提供される)、モバイルウォレット(スマホなどにアプリをインストールする)、デスクトップウォレット(パソコンにインストールする)

➁コールドウォレット
・インターネットには繋がっていないオフラインのウォレット。
・セキュリティは高いが、紛失や破損する可能性高い。
⇒ハードウェアウォレット(USBなどのデバイスで保存管理する)、ペーパーウォレット(紙で保管する)